自動車の古物商を取ると、業者販売(業販)してもらえるの?

開業!中古車屋さん

古物商許可証の取り方から 古物営業の現実まで〜
 業販(業者間販売・業者間取引)の現実 

 自動車商の古物商許可証を取得し、中古車屋さんになるとーーー
自動車本体を含め、自動車部品やパーツ、修理・整備費用まで・・・ 自動車に関連する全ての環境において業販(業者間販売)による取引きをすると、一般ユーザーが負担(購入)する費用に比べ、その負担額はかなり低くなる〜 と、そう思われている方も非常に多いようですが、
(! 中古車や部品が安く手に入る〜 と、思ってのケース)

 えーーー 私から率直申しますと、
リアルな現実は・・・ と言うと、個人事業者レベルでは、なかなかそうも思い通りにならないのが現実中の現実 ってものです。

 例えばーーー 中古車屋さんになると、他の中古車屋さんの展示車を、業販価格で安く譲ってもらえる〜 と、誰もがそう思って信じているようですが、現実は・・・ と言うと、まずこちらが個人事業レベルの中古車屋さんだと、業販に応じてくれる中古車屋さんはかなり少ないのが現実。
(! 実際、法人格でも業販してくれない中古車屋さんはけっこう多いですし・・・)

 ディーラー相手となると尚更でしょう。
(! ディーラー系の中古車屋さんだと、あまり個人の中古車屋さんは相手にしてくれない)

 また、相手の中古車屋さんも、小売したくて店頭へ並べている中古車ですので、普段は個人の中古車屋さんへ対して業販をやっていても、手放したくないような程度の良いお気に入り在庫であれば、業販を断る事もしばしば。

 つまり、他の中古車屋さんへ対して、業販をするか否かは、
その中古車屋さんの気分次第と言えるでしょう。

 また、もし業販に応じてくれる業者さんだとしても、その業販価格が安くなるという約束もありませんので、一般ユーザー向けの、店頭小売価格そのままでの業販しか受けてくれない場合も・・・

 ちなみにーーー
中古車屋さんになると、ディーラーから新車も安く分けてもらえる・・・ と、お考えの方も意外と多いようなのですが、まず新車ディーラーのほとんどは、個人の中古車屋さんに積極的な業販はしてくれません。
(! はっきり言って、「客」として扱ってくれませんので、業販担当者にカタログを求めても、適当に勝手に取りにきてくれ・・・ みたいな、一般顧客に比べ雲泥の扱いも現実に)

 また、もしそれで新車の業販に成功したとしても、値引きの条件まで 「好条件」とは決して限りませんので、むしろ、完全な普通の消費者ユーザー (一般顧客)として商談に望まれた方が、まだ良い値引きを引き出すことが出来る (かも)・・・ とも言えるかも。

 あ、それとーーー
また自動車部品や各種パーツなどを、業販価格で安く・・・ という方もいらっしゃいますが、
そもそもこの部分については、別に古物商の有無は関係ありません。

 インターネット経由で部品やパーツの調達をするのであれば、事業用のゴム印や角印さえあれば、何事もなく業販に応じてくれる場合もありますし、また、最寄の事業者に業販を持ちかけた場合においても、業販の対象とするかどうかは、相手の考え方次第で業販の可否が決まりますので、
(! つまり、古物商の有無に関係なく、業者として認めてくれれば〜 業販も可能という事)

 いくら古物商を持っている中古車屋さんだとしても、相手が業販を認めてくれなければ、ごく普通の一般顧客と同じ扱いになるということです。
(! まあそもそも、この程度の業者間取引き程度であれば、別に中古車屋さんでなくとも、車検代行屋さんのような事業者でも問題ないですし・・・)

 また修理代や整備代もしかり。

 業販を望む相手の整備工場などが、業販価格での対応を不可とするなら、しっかりとした展示場を持つ中古車屋さんでも、業販で対応してくれる事は不可能ですが、また逆に、業販を望む相手の整備工場などが、業販価格での対応をOKとするなら、例えこちらが、自宅の軒下で中古車屋さんをやっている個人事業者だとしても、修理代から車検代まで、その整備に関る全ての費用を業販価格にて提供してくれる事でしょう。 (← ただこのような形態だと、その整備工場への何かしらのコネがないと、ちょっと難しいかもしれませんが。。。)

 まあ、これらの業販については、
その地域性によっても大きく異なってくるとは思いますが、車両本体や部品、整備費用といった種の業販を考えるのであれば、その業者へ対し、ある程度のコネや接点、ツテなどが欲しいところでもありますね〜 ^^
(! コネやツテなどによっても、その業販価格の待遇が変わってもきますし・・・)

 あ、それと、少々余談ではありますがーーー
部品やパーツといった部類の取引きであれば、身近な自動車関連企業と取引きするよりも、某ネットオークション経由で個人としてごく普通に購入した方が全然安い場合も多いので、
(! 実は私、独立するまでは10年以上大手中古車業界に居たのですが、はっきりと言って、タイヤやETCといったアフターパーツに関しては、ネットオークションの方がはるかに比べ物にならないほど安く、またこのような部品のほとんどは、ネットで購入していたのが正直な話ですね〜 ^^)

 業販価格が必ずしも安い物とは限らない事。 十分肝に銘じておきましょう。

トップページ(HOME)へ戻る